臨床心理士な空手家の奥様はフランス人。

空手家で熊みたいな大きな身体をした友人がいるのですが、
身体に似合わず(失礼)臨床心理士。
そして奥様はフランス人。
てっきり空手の海外遠征かなにかでお知り合いになったのかと思ったのですが、
臨床心理士のセミナーで知り合ったとか。
そして共通の話題はマンガだそうですよ。
『デスコ』という漫画がフランスやスペインでも翻訳され人気なんだそうです。
共通の話題が心理学と漫画、良い夫婦です。

フランス人の柔道に関する文書保管

海外から訪れる外国人観光客が増えたことは、
日本の内需を刺激するので嬉しいことだと感じています。
最初の頃は、日本製品を買うことを目的に訪れる観光客が多かったのですが、
最近では日本の文化を楽しみたいと訪れる人が増えたと感じます。
特に外国人観光客の中でもフランスから訪れた観光客は、
柔道などの日本文化に興味を持つ人が多いです。
そのため、オプショナルツアーを組んで柔道場でパフォーマンスを見学したり、
実際に柔道着を着用して指導を受けるというプランを提供しています。
とても人気のオプショナルツアーなので、
フランスだけでなく他の国からも口コミで広がっているので、
関連する文書を保管して担当者がすぐに対応できるようにしています。

フランス人にウケそう!乱視用のカラコンをつけて柔道パフォーマンス

日本の武道精神に興味を持つ人が多いため、柔道場にも見学に訪れる外国人が多いです。
外国の中でも特にフランスからの観光客が多く、柔道パフォーマンスをしていると
カメラのシャッターを押す音がすごくなります。
以前は見学されることによって集中力が途切れるため、少し嫌だという気持ちを持っていましたが、
最近では真剣に武道について興味を持つ人が増えたと実感するようになったので、
できるだけ歓迎ムードを出すようにしています。
柔道のパフォーマンスをするときに乱視用カラコンをして行えば、
見学者がどこの興味を持っているのかを詳細に確認できるので便利です。
これからはパフォーマンスを見せるだけでなく、参加してもらうイベントも開催したいと考えています。

空手、柔道で鍛えた体の上から電磁波防止エプロンで胎児を守る

柔道は日本のお家芸です。
そのため、日本全国に柔道を教える道場があります。
日本は、柔道や空手の愛好家が多く、道場で体を鍛えている人も少なくありません。
若いころ、道場で鍛えていたので、体には自信がありますが、
電化製品の電磁波から身を守るために電磁波防止エプロンを使っています。
電磁波防止エプロンは、妊娠中の女性にとても人気があります。
電磁波防止エプロンを身につけることで、お腹の中の胎児を守るのです。
男性も使うことができるので、夫婦で使っているカップルも多いです。
電化製品は、キッチンにも寝室にもあります。
スマートフォンを寝る場所のすぐそばに置いている人もいますが、
夜眠るときは、できるだけスマートフォンの電源は切っておいた方が安心です。

フランス人の柔道家と川崎市の注文住宅の話

柔道は日本で誕生したスポーツですが、
今では世界中の人々が楽しむほどに人気となっています。
特に、体の大きなフランス人の柔道家はかっこいいですよね。
体が屈強なので、繰り出す技にも迫力があります。
一本背負いをしたときの身のこなしなど、見ているとほれぼれします。
日本の強い柔道家とフランス人の柔道家では、どちらが強いのでしょうか。
日本人も頑張って、お互いに切磋琢磨してほしいです。
川崎市の注文住宅は、フランス人のように体が大きい場合でも
ゆったりとできるスペースがあります。
リフレッシュできる環境が整っていますから、競技にもいい影響を与えるでしょう。
もちろん自分好みに設計を変えられることも魅力となっています。